EDの原因はさまざまありますが、治療にはカマグラなどのED治療薬が効果的です。他にも薬の種類はいろいろあるため自分に合った薬を使いましょう。とはいえ実際に服用してみないと合うかわからないので、ジェネリックなど価格が安いもので試しても良いでしょう。
1人で悩まないで。
2人の関係を助けるお薬あります。
愛は買えない、でも、愛を育む薬は買える。

ED治療薬を服用すると薄毛になるって話は本当?

最近では薄毛に悩む男性が増えており、その原因や対処法を知りたいという人もたくさんいます。
薄毛の原因はいろいろありますが、男性ホルモンによって引き起こされることもあります。
男性ホルモンが増えることで髪の毛の悩みが発生すると聞くと、男性ホルモンを抑えたいと考える人もいるでしょう。

確かに男性ホルモンは薄毛の原因の一つですが、男性ホルモンが直接薄毛を引き起こすわけではありません。
男性ホルモンの作用だけで薄毛になるわけではなく、5aリダクターゼという酵素の働きがポイントとなります。

男性ホルモンの一種であるテストステロンは睾丸で分泌されていますが、5aリダクターゼと結び付くことでジヒドロテストステロンという物質に変化します。
このジヒドロテストステロンが薄毛の原因とされており、テストステロンだけで薄毛になってしまうわけではないということです。

髪の毛の悩みと性の悩みを抱えている男性も多いでしょう。
しかし、ED治療薬を服用すると薄毛になってしまうという話を聞いたことのある人もいるかもしれません。
その理由としては、ED治療薬を服用すると男性ホルモンの分泌量が増えると考えられているためです。
実際にはED治療薬に男性ホルモンの分泌量を増やす効果はありません。

ED治療薬はあくまで男性器の血管を拡張させ、血流を良くすることで勃起をサポートするためのものです。
服用することで直接髪の毛の悩みが増えてしまうわけではないので安心してください。
ただし、ED治療薬によって男性機能を取り戻し、何度も性行為をした場合は亜鉛が不足しやすくなると言われています。

亜鉛は性行為に重要な栄養素であり、精子を形成する時に必要となります。
また、髪の毛の成長にも必要になるため、薄毛が気になる人は亜鉛が不足しないようにしましょう。
何度も射精をすると亜鉛が不足してしまうため、薄毛に繋がってしまうことはあります。
髪の毛のためには亜鉛はもちろん、タンパク質などの摂取も重要です。

薄毛治療薬とED治療薬の併用について

性の悩みはさまざまな原因によって起こるとされています。
若い人でも悩みを抱えている人は多いですが、年齢を重ねるごとに大きな原因の一つである生活習慣のリスクも高まってしまうので注意しましょう。
また、加齢によって抜け毛の数も増えるため、薄毛のリスクも高まっていきます。
つまり、年齢を重ねるごとに性の悩みと薄毛を併発するリスクは高くなるとされています。

薄毛治療薬とED治療薬を同時に使うことはできるのか気になっている人もいるでしょう。
薄毛治療薬の中には副作用として性に関する症状が発生するものもありますが、その副作用対策としてED治療薬が処方されることもあるため、併用については問題ありません。

薄毛治療薬は5aリダクターゼの働きを抑制するというものであり、血管を拡張させて血行を良くするED治療薬とは作用が異なっています。
そのため併用しても体に悪影響を及ぼすことはないとされています。
逆に薄毛の原因が頭皮の血行不良である場合、ED治療薬の服用によってさらに治療効果がアップすることもあります。

つまり、基本的に併用は問題ないということですが、薬の種類によっては併用できないこともあるということです。
5aリダクターゼの働きを抑制するタイプの薄毛治療薬の場合、ED治療薬と効果が異なるため、併用しても問題ないでしょう。

しかし、ミノキシジル系の薄毛治療薬と併用する場合は注意が必要です。
ミノキシジル系の薄毛治療薬には血管拡張作用があるため、血流を良くするという効果があります。
これはED治療薬と効果が同じとなっており、併用することで血管拡張作用が強く出すぎてしまいます。
結果として急激な血圧の低下を招く可能性もあるので危険であると言われています。